男性

早めの対策が重要です

給湯器は一般的には10年をめどに、交換することが推奨されています。しかし使用状況によってはそれよりも前に、交換が必要となる場合があり少しの異変を見逃さないことが重要です。失敗しない業者選びで重要なのが、実績と丁寧な事前の説明です。比較サイトなどで、自分に合った業者を選ぶことをおすすめします。

詳しく見る

お湯

給湯設備の種類と違い

給湯器には様々な種類があり、主に熱源と給湯方式に分けられます。熱源はガスや石油、電気のことで、給湯器の大きさも異なるため、設置場所を考慮する必要があります。給湯式は、ガスと石油は瞬間式で直ぐにお湯をつくることができます。電気は、貯湯式でタンクにお湯をためて使うタイプです。

詳しく見る

コンテンツ一覧

お湯を作る機器

修理

給湯器とは、お湯を作って蛇口から出すことができる機器です。水回りに設置されている、瞬間的にお湯を作り出す瞬間式のものと、屋外に設置されていて、タンク内で多くのお湯を作るという貯湯式のものとがあります。後者には、お湯を作っている間に発電もするというものもあります。

詳しく見る

給湯設備の取替と修理

温水器

給湯器が故障した時は、修理と交換で迷う場合があります。耐用年数を過ぎた給湯器は、修理よりも交換するほうがお得です。古い給湯器の修理は、部品の調達が難しいこと、熱効率が良くないことから、新しいものに交換した方が良いといわれています。

詳しく見る

機種によって異なる価格

女性

給湯器は、キッチン用など比較的小型のものだと5万円ほどで設置できます。しかし複数の水回りで使用できる大型のものだと、20万円前後の費用がかかります。床暖房や乾燥機と連動しているものだと、工事費と合計で100万円ほどかかることもあります。ただし近年では多くの場合は、住宅建築時に設置されています。

詳しく見る

住宅設備の更新を考える

給湯器

更新が必要な住宅設備

住宅設備の中でも、必ず更新が必要になるものとして給湯器があります。住宅設備は概ね10年から15年程度で更新が必要になると言われていますが、給湯器は毎日使用するものであるだけに、頻繁に修理が発生します。そのため、交換などの更新も必要になることがあります。給湯器はメーカーが限られていますので、価格の差があまりないと思われがちですが、実際には複数の下請け業者が給湯器の設置や交換を行いますので、業者によって費用が大きく異なってきます。大きな違いは、給湯器の仕入れ価格にあります。給湯器の単価はメーカーの低下に比べると半額以下の料金で販売されていることもあり、業者によって価格が異なります。さらに、工事費用も業者によって異なってくるため、全体の費用は大きく差が生じます。もちろん、費用が安いからいいというものでもありません。費用が安ければ、その分だけ人件費に反映していますから十分な工事がなされていないことも考えられます。業者に給湯器の設置を依頼する場合には、給湯器の原価と工事費の内訳を聞くなどして、適切な費用で設置されているかどうかを確認することが大切になります。仕入れ価格はできるだけ安い方がいいですし、業者の利益ができるだけ大きい方が信用することができます。毎日使用する設備ですから、安心して使用できる業者を選ぶことが大切です。費用だけでなく、請負業者のスタンスを十分に把握することが大切になります。

Copyright© 2017 All Rights Reserved.