コンテンツ一覧

お湯を作る機器

修理

瞬間式または貯湯式

給湯器とは、水道管から流れてくる水を温めて、お湯として屋内で使用できるようにする機器です。自在に温度設定ができ、ぬるま湯にすることも、熱いお湯にすることも可能です。ただし安全のために、最高温度は60度程度とされていることが一般的です。給湯器があれば、冬でも寒さに負けずに、洗顔や炊事などを済ませることができます。また冬以外でも、皿の油汚れなどを、お湯の力でスムーズに洗い流すことができます。このように給湯器は、人々の快適な暮らしに役立っている機器なのです。また給湯器には、瞬間式のものと貯湯式のものとがあります。瞬間式のものは蛇口の付近に設置されていて、起動するとガスの力で短時間でお湯を作り、その蛇口から出します。お湯を使いたい時に、すぐに使用できる点がメリットです。それに対して貯湯式の給湯器は、多くの場合は庭など屋外に設置されています。やや大型で内部がタンクになっており、そこでは常にお湯が作られていますし、温かい状態で保たれています。そのためこの給湯器でも使いたい時にお湯を使用できますし、しかも量が多いので、湯船のお湯張りも比較的短時間で終わります。ただしタンク内のお湯がなくなると、お湯を再度作り直すことになるのですが、量が多い分やや長い時間がかかります。とはいえ近年では、ガスでお湯を作っている間に、その熱を使って発電するという給湯器も普及してきています。お湯を作れば作るほど、電気も作られるため、二重に生活に役立つということで注目されています。

Copyright© 2017 All Rights Reserved.