住宅設備を整えよう|給湯器の種類とその違いを徹底解説

コンテンツ一覧

給湯設備の取替と修理

温水器

取替時期とメリット

寒くなると温かいお風呂に入るのが楽しみという方もいるでしょう。暑い季節は、シャワーで済ませていた方も、寒くなると湯船で温まることが増えてきます。このように、寒い季節はどうしても給湯器を使う頻度が増えるため、故障すると日常生活に支障を感じてしまいます。毎日のように使い続けると、給湯器はフル回転するため、本体に傷みが出るようになります。給湯器は、一般的に約8〜10年が耐用年数といわれています。耐用年数を過ぎた給湯器が故障した場合は、修理よりも交換を業者に勧められます。これは、修理よりも交換する方がお得になることと部品の保存に関係しています。新しい給湯器は、熱効率が良く、省エネタイプのものが殆どです。そのため、古いタイプを修理するよりも、新しい給湯器の方がガスや灯油、電気代を節約できお得になるのです。また、製造から10年以上経過している給湯器は、修理交換するための部品がない場合があります。メーカーは、製造から10年間は部品を保存することが義務付けられています。しかし、それ以降になると保存しているメーカーが少ないため、部品を探して取り寄せることになります。更に、探して取り寄せる間は、給湯器が使えません。このような点から、交換時期を過ぎた給湯器は、修理するよりも交換したほうが良いといえます。給湯器は、様々な種類があり価格も異なります。選ぶ際には、現在の住宅や家族構成、ライフスタイルに合うものを取り付けるようにしましょう。

Copyright© 2017 住宅設備を整えよう|給湯器の種類とその違いを徹底解説 All Rights Reserved.