給湯設備の種類と違い|給湯器チェンジのコツ【適切な費用で設置されているかどうかを確認】

給湯器チェンジのコツ【適切な費用で設置されているかどうかを確認】

コンテンツ一覧

給湯設備の種類と違い

お湯

熱源や給湯方式の違い

給湯器には様々な種類がありますが、主に熱源や給湯方式、などで分けることができます。熱源とは、ガス、石油、電気のことで、給湯器はこれらをエネルギーにしてお湯を作り出しています。ガス給湯器は、一般的な住宅や集合住宅など広く使われています。ガス給湯器は、コンパクトタイプが多いので設置場所の広さはあまり関係ありません。そのため、マンションやアパートなどは、ガスタイプが使われています。給湯方式では、スイッチを押すだけで直ぐにお湯が出る瞬間型になります。石油給湯器は、石油を溜めておくタンクが大きいので、一戸建てや事業所などに使われています。石油給湯器のメリットは、なんといってもランニングコストの安さです。家族が多い家庭やお湯を良く使う方は、光熱費が気になるところです。そのような場合は、ランニングコストが安い石油給湯器を使えば、光熱費を抑えることができす。石油の給湯方式は、ガスと同じで瞬間型になります。電気給湯器は、石油やガスよりも安全性に優れており、高齢者や子供さんがいる家庭にも安心なタイプです。最近はオール電化住宅の増加によって、電気給湯器を設置することが多くなりました。電気タイプの給湯方式は、貯湯式で外付けのタンクにお湯をためて使います。ですから、石油タイプと同じように設置場所の確保が必要になります。近年では、電気と石油タイプとメリットを併せ持つ給湯器も発売されています。このタイプは、安全性が高く、ランニングコストも抑えられるため注目されています。

Copyright© 2017 給湯器チェンジのコツ【適切な費用で設置されているかどうかを確認】 All Rights Reserved.